トラブル

今夏、台風による太陽光被害、山間サイトでパネル飛散も(前半)

伊豆半島で複数サイトが損壊、アレイが反転も

2019/11/21 05:00
金子憲治、加藤伸一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

事故報告では4台風で29サイトが被災

 今年の夏も、昨年に続き、勢力の強い台風が次々と日本列島を襲った。台風15号は、9月9日に千葉県に上陸し、強風により大規模な停電が起きた。続く台風17号は9月22日に九州北部に強風被害をもたらした。さらに10月12日に伊豆半島に上陸した台風19号は、東日本各地で記録的な大雨となり、大水害を引き起こした。

 いずれの台風も、比較的、太陽光発電所の多い地域に上陸・通過したこともあり、太陽光パネルの飛散や、川沿いに位置するサイトで洪水に巻き込まれた発電所もあった。

 トラブルのコラムでは、今回の前半で「強風」編、後半に「洪水」編として、2回に分けて今夏の太陽光発電所の被災例を取り上げる(関連記事:今夏、台風による太陽光被害、洪水で「架台の損壊」も(後半))。

 太陽光発電所は、連系出力50kW以上の高圧や特別高圧送電線に連系する大規模な発電所については、電気事業法に基づき、事故を国(産業保安監督部)に報告する義務がある。経済産業省は、台風よる事故報告の状況を公表している。それによると、台風8号で1件、13号で2件、15号で7件、17号で1件、そして、19号で18件だった(図1)(図2)。

図1●電気事業法に基づき国に提出された太陽光発電設備の自然災害による事故報告
(出所:経済産業省)
クリックすると拡大した画像が開きます
図2●電気事業法に基づき国に提出された太陽光発電設備の自然災害による事故報告(出所:経済産業省)
クリックすると拡大した画像が開きます

 特徴的なのは、8号、13号、15号、17号では、強風によるパネルの飛散や脱落、架台の転倒や損壊だったのに対し、台風19号では、洪水による浸水が多くなっていること。19号の事故報告18件の内訳を見ると、16件が洪水による浸水、1件が強風によるパネルの脱落、1件ががけ崩れによる土砂の流入だった。

システムメンテナンスのお知らせ
  • 記事ランキング