トラブル

【千葉の太陽光被災・その3】吹き飛ぶトタン屋根、小型パワコンの遮光用も(page 3)

エネテク 第38回

2019/12/12 05:00
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 もう1カ所は、屋根材が敷地外から飛んできた太陽光発電所である(図2)。同じようなトタンの屋根材や、雨どいなどが、敷地内に飛んできて落下した。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
図2●屋根材や雨どいが、パネルに当たるように落ちていた
(出所:エネテク)
クリックすると拡大した画像が開きます

 この発電所でも、屋根材や雨どいなどは、敷地内の発電設備やその周辺に落下した。太陽光パネルに当たってから、地面に落ちたように見えるものもあった。

 集めてみると、かなりの数の屋根材が、敷地内に落下していたことがわかった(図3)。ただ、太陽光パネルや架台などを損傷することはなかった。

クリックすると拡大した画像が開きます
図3●敷地内に飛んできて落ちた屋根材を集めた様子
(出所:エネテク)
クリックすると拡大した画像が開きます
【エネテクによるトラブル・シューティング】
  • 記事ランキング