トラブル

太陽光の盲点、「アースの不良」、地面から外れて錆びている例も

エネテク 第42回

2020/02/12 10:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 このシリーズでは、エネテク(愛知県小牧市)が、太陽光発電所の点検やO&M(運用・保守)サービスを担う中で対応してきたトラブル事例を紹介している。同社は、2007年に創業した電気設備工事会社で、太陽光発電の施工も多く担当してきた。O&Mサービスでは、点検時に原因分析だけでなく、状況によっては、その場で不具合の原因を解消するといったワンストップの対応が特徴となっている(関連コラム)。

 今回は、接地(アース)の不具合の例を紹介する。

 接地は、いうまでもなく、電気機器・設備が万が一、漏電した場合に、電気を大地に逃し、感電や火災のリスクを減らす目的の対策を指す。太陽光発電設備では、多くの場合、アース線やアース棒を使って接地されている。

 隣り合う太陽光パネル同士をアース線で結ぶところから始まり、架台を通して地中に接地したり、接続箱や集電箱、パワーコンディショナー(PCS)などの筐体に収められた機器も、それぞれに適した形で接地している。

 電気設備の設置工事において、接地は基本的な項目となっている。ただし、太陽光発電設備では、接地に関する不具合が意外に多い。その背景には、比較的、新しい分野である以上に、認識が不足している施工業者が多いこと、屋外で設備が野ざらしにされていること、作業の回数が多くなることなどの設備上の特性もありそうだ。

 特に架台と地中の接地の不具合が目立っている。今回、紹介するのも、その代表的な例の一つである。

 北関東に立地する複数区画が隣接している太陽光発電所の例で、いずれも低圧配電線に連系している。

 この発電所の点検を、エネテクが担当した。現地で担当者が点検作業にかかると、接地の抵抗値が「2000Ω」以上という、接地がまったく取れていないことを示す場所が多く検出された(図1)。

図1●接地がまったく取れていないことがわかる
(出所:エネテク)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング