トラブル

屋根上太陽光で断線、ストリングごと発電が停止、原因は不適切な施工

エネテク 第43回

2020/02/27 05:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 このシリーズでは、エネテク(愛知県小牧市)が、太陽光発電所の点検やO&M(運用・保守)サービスを担う中で対応してきたトラブル事例を紹介している。同社は、2007年に創業した電気設備工事会社で、太陽光発電の施工も多く手掛けてきた。O&Mサービスでは、点検時に原因分析だけでなく、状況によっては、その場で不具合の原因を解消するといったワンストップの対応が特徴となっている(関連コラム)。

 今回は、事業所の屋根に設置した太陽光パネルで起きたトラブル事例を紹介する。ストリング(太陽光パネル同士を接続した回路)からの電力を、接続箱に入力する際の電線の施工に問題があった例である。

 エネテクが点検を担当することになり、現地で接続箱を通じて検査すると、2本のストリング回路からの電力が入力されていなかった。

 まず、これら2本の回路の電線と太陽光パネルの状況を調べることにした。ここで、問題が生じた。太陽光発電所側が、回路の図面を持っていなかった。つまり、太陽光パネルがどのように接続され、接続箱に入力されているのかが、わからない状態だった。

図1●ドローンでストリングを構成しているパネルを特定
(出所:エネテク)

 そこで、ドローン(無人小型飛行体)を使って、問題となったストリング回路を構成している太陽光パネルを特定した(図1)。

 発電電力が接続箱に送られていない回路を構成しているパネルは、ドローンを使えば一目でわかる。発電電力が流れずに発熱するため、該当するパネル全体が真っ赤な(白黒表示ならば真っ白な)色の温度分布を示すからである。

 ドローンを使わないと、ストリング回路を構成している太陽光パネルの特定は難しかったという。直列だけで接続されている結晶シリコン系ではなく、直列と並列で接続して回路を構成する化合物系の太陽光パネルが採用されていたためだった。この発電所では、4直列・4並列の16枚で1本のストリング回路が構成されていた。

  • 記事ランキング