トラブル

「フタをケチったラック」、電線の損傷や火災、除草時に事故も

エネテク 第44回

2020/03/11 05:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 このシリーズでは、エネテク(愛知県小牧市)が、太陽光発電所の点検やO&M(運用・保守)サービスを担う中で対応してきたトラブル事例を紹介している。同社は、2007年に創業した電気設備工事会社で、太陽光発電の施工も多く手掛けてきた。O&Mサービスでは、点検時に原因分析だけでなく、状況によっては、その場で不具合の原因を解消するといったワンストップの対応が特徴となっている(関連コラム)。

 今回は、電線をまとめて敷設する時に使われる「ケーブルラック」に関する例を紹介する(図1)。適切でない使い方をしているために、電線が損傷して発火や火災に至ったり、除草が難しくなったりして事故を誘発するリスクがある。

図1●フタを使わず電線が露出し、雑草に埋もれている
(出所:エネテク)
クリックすると拡大した画像が開きます

 ケーブルラックは、まとまった本数の電線を、同じ方向に敷設する時に使われる。あくまで電線を敷設する作業の効率を高める目的で採用されるもので、関連法や技術基準などで使用することや使用方法が定められているものではない。

 一般的なケーブルラックは、細長い横枠に一定の間隔で細長い横板が取り付けられている。はしごのような構造で、まとまった本数の電線を収める。そして、上下に保護用のフタを取り付ける。これにより、上下左右を筐体で囲み、比較的安全な構造の中に大量の電線をまとめて収納でき、施工性も向上する。

 上下のフタは、施工性の向上には寄与しない。敷設された大量の電線を保護する目的の部材となる。ケーブルラックの材料として、防錆対策を施された鉄やアルミニウム合金が採用されていることが多い理由も、施工性の向上ではなく、敷設された電線をより確実に保護するためである。

 今回、紹介する太陽光発電所では、ケーブルラックのうち、細長い横枠に一定の間隔で細長い横板が取り付けられた、はしごのような構造だけしか使わず、電線をまとめて敷設していた。本来、上下にかぶせるはずのフタは、使われていない。

 電線の敷設の施工性を向上させる部材だけを使い、施工性の向上に寄与しない上下のフタを省いている。この状態から、初期コストの削減を優先する一方で、安全性や長期にわたる信頼性は、二の次になっていることがうかがえる。しかし、フタのコストを「ケチった」ことによるリスクは意外に大きい。

  • 記事ランキング