トラブル

串間市のバイオマス発電所、「発火事故」乗り越え安定稼働に(page 4)

国内初、ペレット工場併設のガス化方式、「タール問題」も克服

2020/03/18 05:00
金子憲治=日経BP総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

安定稼働までに1年を要す

 「大生黒潮発電所」は、こうした対策を打ったうえで、2月7日に運転を再開した。約4カ月間の停止中でも、契約していた未利用材の搬入は継続された。このため既存の貯木場がいっぱいになり、新たに第2貯木場を新設して、急場をしのいでいた(図5)。

図5●新設した第2貯木場
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 その後、運転は順調で、送電端出力は約1.7MWとなっている。同発電所では、ガスエンジン発電機 10 基のほか、その排熱を活用したバイナリー発電機 1 基も導入している。バイナリー発電機は、低沸点媒体(今回はフロン系)を介して発電機を回す仕組みで温水でも稼働する。つまり、エンジン排熱をバイナリー発電と木質乾燥の2つの用途で有効利用している。こうした高度な排熱利用システムも国内で初めてという(図6)。

図6●バイナリー発電機でもエンジン排熱を利用
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 実は、「大生黒潮発電所」は2018年3月に稼働して以来、安定的に発電できるようになるまで約1年を要した。昨年10月の発火事故は、安定運用が軌道に乗った矢先の出来事だった。とはいえ、温水乾燥機の事故は、ガス化発電システムの根幹を左右するものではないこともあり、今回の発火防止策によって、順調な運用に戻りそうだ。

 安定稼働まで1年もかかった最大の問題は、ガス化発電そのものの運転状況にあった。事業開始当初、1週間ほど運転すると、ガスエンジン内部に大量の「タール」が付着して稼働できなくなってしまった。タールとは、有機物質を熱分解する際に水素や一酸化炭素などガス成分にならなかった、粘り気のある有機系液体(油分)。バイオマスのガス化では付き物とも言え、大量に発生すると後工程のガスエンジンが止まってしまう。これまでにも、国内外でバイオマスガス化発電を運用する際、大きな課題となってきた。

  • 記事ランキング