トラブル

「保証なし」太陽光パネルに、全面を覆いつくすホットスポット

エネテク 第45回

2020/03/26 05:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 このシリーズでは、エネテク(愛知県小牧市)が、太陽光発電所の点検やO&M(運用・保守)サービスを担う中で対応してきたトラブル事例を紹介している。同社は、2007年に創業した電気設備工事会社で、太陽光発電の施工も多く手掛けてきた。O&Mサービスでは、点検時に原因分析だけでなく、状況によっては、その場で不具合の原因を解消するといったワンストップの対応が特徴となっている(関連コラム)。

 今回は、メーカー保証のない太陽光パネルを導入した太陽光発電所において、発電に異常が生じていた例を紹介する。

 エネテクによると、保証を受けられていない理由は定かではない。太陽光パネルの調達コストを限りなく下げることを優先し、何らかの事情で太陽光パネルメーカーによる保証が受けられない製品を、保証のないリスクを承知の上で導入したようだ。

 こうした保証のない太陽光パネルを採用して太陽光発電所を開発する手法は、多くはないものの、想定できる手法である。太陽光パネルは、昇圧変圧器やパワーコンディショナー(PCS)とは異なり、連系先に電気的に直接的な影響の及ぶ機器ではないことから、どのような製品を選んでも電力会社との協議に大きく影響することがないためである。

 エネテクが今回の太陽光発電所の点検を引き受け、現地で点検をはじめてみると、接続箱の端子を通じて計測したストリング(太陽光パネルの接続単位)回路のI-V(電流-電圧)特性やFF(Fill Factor)値が、ともに通常よりも低い数値を示すことがほとんどとなった。

 太陽光パネルや電線などに異常がない場合でも、I-V特性やFF値が低くなることはある。例えば、曇天で日射量が少ない時や、木などの影がかかっていて日射量が少ない場合である。

 しかし、点検時の状況は、曇天でもなく、影もかかっていなかった。日射量は多い状況だった。

 そこで、太陽光パネルに異常が生じている可能性を疑った。太陽光パネルについて問い合わせてみると、メーカー保証のない製品を安く買ってきて設置されたという、「訳あり品」であることがわかった。しかも、異なる製品が混在していた。

  • 記事ランキング