トラブル

倉庫内で小型PCSが停止、鳥やヤモリの巣が原因に(page 2)

エネテク 第48回

2020/05/07 05:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 ここを開けてみると、大量のワラがまとまって落ちてきた。鳥が巣の材料として使っていたものだった。ワラと一緒に、数匹のヒナの死骸まで一緒に落ちてきたPCSもあった(図2)。

クリックすると拡大した画像が開きます
図2●ワラだけでなくヒナの死骸が落ちてきたPCSも
(出所:エネテク)
クリックすると拡大した画像が開きます

 多くのPCSが、このような状態だった。開いている場所が多いタイプの倉庫において、高い場所に設置され、これまで誰も点検しに来なかったことから、鳥にとって営巣に格好の場所になっていたようだ。鳥は、人間や天敵となる動物が近づきやすい場所には、巣を作らない。

 端子の周辺を通じて、筐体の中に侵入できるスペースがある機種だったことも、鳥にとって都合がよかった。

 ただし、ヒナの死体が見つかったことから、稼働中のPCS内の温度は、ヒナにとっては高すぎた可能性がある。

  • 記事ランキング