倉庫内で小型PCSが停止、鳥やヤモリの巣が原因に

エネテク 第48回

2020/05/07 05:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ

 このシリーズでは、エネテク(愛知県小牧市)が、太陽光発電所の点検やO&M(運用・保守)サービスを担う中で対応してきたトラブル事例を紹介している。同社は、2007年に創業した電気設備工事会社で、太陽光発電の施工も多く担当してきた。O&Mサービスでは、点検時に原因分析だけでなく、状況によっては、その場で不具合の原因を解消するといったワンストップの対応が特徴となっている(関連コラム)。

 今回は、パワーコンディショナー(PCS)内に鳥や小動物が巣を作り、発電が止まっていた例を取り上げる。

 大型の倉庫を活用したメガソーラー(大規模太陽光発電所)の点検をエネテクが受託し、現地での点検作業中に見つかった(図1)。

クリックすると拡大した画像が開きます
図1●ワラをまとめて作った巣が出てきた
(出所:エネテク)
クリックすると拡大した画像が開きます

 この倉庫では、屋根の上に太陽光パネルを並べている。ここまでは、倉庫や工場などの大型の事業所などで多く見られる光景だが、この倉庫では、PCSまで高い位置に設置されていた。屋根上ではなく、倉庫の中ではあったものの、屋根に近いとても高い位置に固定されていて、点検のために近づくのもひと苦労だった。

 そして、高い位置に設置されていたことが、今回のトラブルの一つの要因となった。

 このメガソーラーで採用されていたのは小型のPCSで、いわゆる分散型の構成となっていた。

 PCSの状態を調べてみると、まず稼働が止まっているものがいくつもあった。このメガソーラーは、稼働してから約5年が経過しており、いつから止まっていたのかは定かではない。

 点検を始めてみると、作業中に発火した場所まで出てくるなど、さまざまなトラブルが起きた。

 高い場所に設置されているPCSは、下側に入出力の端子があり、その一帯を工具で開けることができる。

 ここを開けてみると、大量のワラがまとまって落ちてきた。鳥が巣の材料として使っていたものだった。ワラと一緒に、数匹のヒナの死骸まで一緒に落ちてきたPCSもあった(図2)。

クリックすると拡大した画像が開きます
図2●ワラだけでなくヒナの死骸が落ちてきたPCSも
(出所:エネテク)
クリックすると拡大した画像が開きます

 多くのPCSが、このような状態だった。開いている場所が多いタイプの倉庫において、高い場所に設置され、これまで誰も点検しに来なかったことから、鳥にとって営巣に格好の場所になっていたようだ。鳥は、人間や天敵となる動物が近づきやすい場所には、巣を作らない。

 端子の周辺を通じて、筐体の中に侵入できるスペースがある機種だったことも、鳥にとって都合がよかった。

 ただし、ヒナの死体が見つかったことから、稼働中のPCS内の温度は、ヒナにとっては高すぎた可能性がある。

 巣を作っていたのは、鳥だけではなかった。ヤモリの卵がみつかったPCSもあった(図3)。

図3●ヤモリの卵も
(出所:エネテク)
クリックすると拡大した画像が開きます

 点検して巣が見つかったPCSは、ワラや卵を取り除いて筐体内をきれいに掃除した。掃除する前に、稼働をしていなかったPCSの中には、こうして掃除した後に再起動してみると、稼働を始めたものが多かった。

 ワラなどが密集していたことで温度が上がり、安全機能が働いて停止していた可能性がある。

【エネテクによるトラブル・シューティング】