トラブル

「インフラ投資法人」「特定卸供給」のメガソーラーで盗難、発電量ゼロの影響は?

みんな電力の再エネ100%電気で、リコーの御殿場事業所が活用

2020/06/18 05:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 静岡県御前崎市にある太陽光パネルの出力約1098kW、連系出力が990kWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)において3月、電線が切られて盗まれる被害があった(図1)。

図1●電線が切られて盗まれた
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 太陽光発電所における電線の盗難は、全国各地で起きており、報道されないものを含めれば、相当数に及んでいると見られる。

 その中で、今回のメガソーラーは、インフラ投資法人に組み込まれ、かつ、特定卸供給の対象となっている点で、これまで盗難の被害を受けた他の一般的な太陽光発電所に比べると関係当事者が多く、影響は大きい。この点から、注目を集めている。

 電線を盗まれる被害に遭ったのは、タカラレーベングループが開発・運営している「LS 静岡御前崎発電所」である(図2)。

クリックすると拡大した画像が開きます
図2●LS 静岡御前崎発電所
(出所:上は日経BP、下はタカラレーベン・インフラ投資法人)
  • 記事ランキング