トラブル

あわや接続箱が発火! 「ゆるみ」が引き起こす過熱(page 2)

エネテク 第54回

2020/09/17 05:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 大きな電流が流れるバスバー(ブスバー)と呼ばれる部材や開閉器(ブレーカー)の周辺などで生じていた(図2)。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
図2●上から、半分の回路をオフにする前、オフにした後、バスバーのボルトのゆるみを締め直した後、集電盤の主幹電源をオフにした後
(出所:エネテク)

 この状態でも、発電は続いていた。このため、熱分布で過熱を示した場所を中心に状況を確認した結果、ブレーカーから各回路に設けられたヒューズに接続されているバスバーのボルトやビスが緩んでいた。とくに、主開閉器は手締めした程度ではないかと思われるほどの緩みだった。

 それによって電気抵抗が増加し、過熱していることが推測できた。

 ブレーカー周辺の部材には、焦げて炭化している場所もあった。

  • 記事ランキング