トラブル

焦げて、大きく裂けた太陽光パネル、原因は「導通不良」と「影」

エネテク 第55回

2020/10/01 05:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 このシリーズでは、エネテク(愛知県小牧市)が、太陽光発電所の点検やO&M(運用・保守)サービスを担う中で対応してきたトラブル事例を紹介している。同社は、2007年に創業した電気設備工事会社で、太陽光発電の施工も多く手掛けてきた。O&Mサービスでは、点検時に原因分析だけでなく、状況によっては、その場で不具合の原因を解消するといったワンストップの対応が特徴となっている(関連コラム)。

 今回は、焦げた上に、大きく裂けてしまった太陽光パネルの例を取り上げる。結晶シリコンとカバーガラスという硬い材料を貼り合わせてできている部分にもかかわらず、まるで障子を突き破ったように、裂けて大きな穴が空いている様子は、かなり衝撃的だ(図1)。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
図1●大きく裂けていた太陽光パネル
(出所:エネテク)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング