トラブル

配管に穴、中にはダンゴムシの巣、原因は「野焼き」(page 2)

エネテク 第57回

2020/10/29 05:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 隣り合う配管の中には、燃えてなくなって空洞となっている場所もあった。電線も被覆が長い範囲で焦げて炭化していた。

 電線が激しく炭化していた回路は(図2)、送電が停止していた。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
図2●溶けて空洞となった配管、被覆が炭化した電線も
図2●溶けて空洞となった配管、被覆が炭化した電線も
(出所:エネテク)
クリックすると拡大した画像が開きます

 送電に異常をきたしていただけでなく、安全上も大変に危険な状態だった。

 ダンゴムシが棲み付いていた配管内に電線が通っていたストリングは、送電が続いていた。エネテクでは、安全を考慮して、発電事業者にこの回路の送電を止めるように助言した。発電事業者がこれを受け入れ、送電を止めた。

 電線や配管が燃えたり焦げたりした際に、幸いにも雑草に燃え移った形跡はなかった。雑草は比較的、しっかり刈られており、その状態が奏功したようだ。

 こうした安全面・防災面でも、適切な草刈りは重要なことを示す例といえる。

 電線や配管が燃えたり焦げたりする原因は、発電設備のずさんな設計や施工による場合が多い。このような不具合は、これまでの連載でも度々取り上げてきた。

 しかし、エネテクが調べた限り、この発電所に関しては、このような設計や施工時の不手際によるものではなさそうだという。

  • 記事ランキング