トラブル

原因は「通信ケーブルの損傷」、小型パワコンが稼働を停止

エネテク 第58回

2020/11/12 05:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 このシリーズでは、エネテク(愛知県小牧市)が、太陽光発電所の点検やO&M(運用・保守)サービスを担う中で対応してきたトラブル事例を紹介している。同社は、2007年に創業した電気設備工事会社で、太陽光発電の施工も多く手掛けてきた。O&Mサービスでは、点検時に原因分析だけでなく、状況によっては、その場で不具合の原因を解消するといったワンストップの対応が特徴となっている(関連コラム)。

 今回は、小型のパワーコンディショナー(PCS)が停止していた例を取り上げる。

 「直流の電気を交流に変える」、「交流に変えた電気を送る」といった、PCSの基本的な機能に不具合がなかったのにも関わらず、稼働を止めていた。

 この太陽光発電設備は、現行の固定価格買取制度(FIT)がはじまる以前からある余剰電力買電制度を活用して導入されたもので、比較的古い。

 エネテクがこの発電設備の調査を担当することになり、現地に向かうと、5台ある定格容量約5kWの小型PCSのうち2台が稼働を停止していた。

 この小型PCSは、住宅用の機種で、屋内に設置して使う仕様だった。それにもかかわらず、屋外に置かれた物置の中に設置されていた。この状況は、当時はFIT以前で、屋外用のPCSがあまり存在しなかったことによるようだ。

  • 記事ランキング