トラブル

「太陽光パネル約8000枚のうち、1500枚を交換」、ラミネート不良に起因(page 2)

エナジー・ソリューションズ 第1回

2020/12/10 05:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 この太陽光発電所では、遠隔監視システムを通じて、出力が低下している回路を発見した。現地で目視点検を実施したものの、原因が判明しなかった。

 そこで、ドローンによる点検を活用した。エナジー・ソリューションズが点検サービスを担当した。

 赤外線カメラで空撮した熱分布の動画をみると、数多くのセル(発電素子)が熱分布に異常を示している太陽光パネルがあることがわかる(図1)。白黒の動画では白っぽく見える部分で、実際には過剰に発熱している。こうした異常がみられるパネルが多い。

図1●異常が生じていたパネルと生じていないパネルが混在している
(出所:エナジー・ソリューションズ)
クリックすると拡大した画像が開きます

 一方で、こうした異常がまったくみられない太陽光パネルもある。

 熱分布でセルに過熱がみられた太陽光パネルを調べてみると、セルが外周部を起点に剥がれて浮いてしまっている、といった状態が見られた。こうしたセルでは、太い電極・配線が腐食している状態も確認できた。

  • 記事ランキング