トラブル

ドローンで発見しやすい、コネクターの腐食や接続不良

エナジー・ソリューションズ 第3回

2020/12/24 05:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 今回のシリーズでは、エナジー・ソリューションズ(東京都千代田区)が、ドローン(無人小型飛行体)による空撮を応用した太陽光パネルの点検サービスを担う中で対応してきたトラブル事例を取り上げる。同社は2010年に設立されたベンチャーで、IT関連のシステム開発やサービスを得意とする。ドローンによるパネル点検サービスでは、異常箇所の特定だけでなく、状況や原因、その異常の深刻度の分析、対応に向けた助言まで迅速に提供する点に強みがある。

 エナジー・ソリューションズによるドローン点検サービスは、人間の健康診断でいうCTスキャンに該当するような精密な診断ではなく、緊急度の高いトラブルを素早く見つけ、対応の選択肢まで提案することに主眼を置いている。

 比較的、高解像度の静止画などを使う手法は、作業にある程度の時間を要するため、トラブル箇所の素早い特定という目的には向かない。同社では、動画で熱分布画像を撮影して分析することで短時間での不具合箇所の特定・分析を可能にしている。ソフトウェアの工夫によって、分析時間を約2MWあたり約3分間などと短縮している。

 こうしたスピーディーな対応が評価され、123カ所・合計出力1.5GWに対してサービス実績があり、複数回受託している発電所もあることから、回数としては165回に達するという。

 第3回では、太陽光パネル同士を接続するためのコネクターが外れていたり、腐食していたりした例を取り上げる。

 目視点検では、太陽光パネルを表面側から見ることに留める場合が多く、コネクター1つ1つの状態まで確認することはほとんどない。点検の所要時間が長くなり、コストが高くなるためである。

 ドローン点検の利点の1つは、コネクターが接続されていなかったり、コネクターの異常によって送電されていない状態を、容易に発見できる点にある。

 こうした不具合のあるコネクターを含むストリング(太陽光パネルを接続する単位)は、発電した電力が接続箱に送電されず、電力のエネルギーが熱に変わってしまうため、全体が過熱する。ドローンによる熱分布画像を見ると、そうした状況が判別できる(図1動画)。

図1・動画●ストリング全体が過熱している
(出所:エナジー・ソリューションズ)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング