トラブル

火災で停止した静岡県小山町のバイオマス発電、今夏に暫定再稼働へ

熱供給事業にも乗り出し、事業収支の改善を目指す

2021/01/28 19:00
金子憲治=日経BP総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

壁と屋根の太陽光パネルが焼ける

 静岡県小山町が運営するバイオマス発電所「森の金太郎発電所」から火災が発生したのは2020年7月4日。町では火災事故以来、施設の稼働を停止し、廃止の可能性も含めて今後の在り方に関して有識者を含めた検討委員会で議論してきた。昨年12月17日、今夏をめどに暫定的に再稼働すると発表した(図1)。

図1●火災で停止した「森の金太郎発電所」
壁際にあった飛灰を投入する容器から出火し、壁と屋根の太陽光パネルが燃えた(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 発電所のある小山町は静岡県の最北東に位置する。町域には富士山頂を有し、金太郎生誕の地としても知られる。同町では、地域活性化と林業の発展を目指し、地域から出る未利用の間伐材で製造した木質ペレットを燃料としたバイオマス発電所「森の金太郎発電所」を建設し、2018年9月に稼働させた。熱分解によるガス化方式で、出力165kWという小規模ながら、発電効率は30%以上も可能なことが特徴だ。

 将来的に排熱を有効活用することを視野に入れつつも、まずは固定価格買取制度(FIT)を利用して系統接続し、買取単価40円/kWhの売電だけの事業モデルでスタートした。

 バイオマス発電設備はドイツのブルクハルト社製で、木質ペレットを蒸し焼きして可燃ガス(水素、一酸化炭素など)を生成する「ガス化ユニット」と、そのガスを燃料に発電と熱供給を行う「熱電併給ユニット」から構成される。建屋は木造2階建てで、屋根は全面を両面受光型の太陽光パネルを建材として活用し、出力は約50kWとなっている。

 火災が発生したのは、7月4日9時頃で同日11時51分頃に鎮火した。出火元は、飛灰を貯めておく容器と見られ、建屋外の軒下の壁際に設置されていた。ガス化ユニットで生成した可燃性ガスからフィルターで取り除かれた飛灰などが排出される仕組みだった。

 飛灰が排出される容器は、高さ2mほどの直方体で、フレコンのような柔軟な材質で作られていた。この容器から発火した後、その裏側になる建屋の壁に燃え移り、さらに太陽光パネルで構成されていた屋根の一部まで延焼した時点で鎮火した。建屋内部にあるガス化ユニットや熱電併給ユニットなどの設備に損傷はなかった(図2)。

図2●建屋内の発電設備本体に損傷はなかった
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング