トラブル

水上太陽光で警報、原因は「ヌートリアがかじって短絡」

エネテク 第61回

2021/02/18 05:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 このシリーズでは、エネテク(愛知県小牧市)が、太陽光発電所の点検やO&M(運用・保守)サービスを担う中で対応してきたトラブル事例を取り上げている。同社は、2007年に創業した電気設備工事会社で、太陽光発電の施工も多く手掛けてきた。O&Mサービスでは、点検時に原因分析だけでなく、状況によっては、その場で不具合の原因を解消するといったワンストップの対応が特徴となっている(関連コラム)。

 今回は、思わぬ理由で、太陽光パネル同士を結ぶ電線が損傷していた例を取り上げる。

 農業用ため池を活用した水上型の太陽光発電所で、パワーコンディショナー(PCS)が漏電を検出し、遠隔監視システムで警報が発せられた。

 この水上型太陽光発電所は、エネテクがEPC(設計・調達・施工)サービスを担当し、O&M(運用・保守)の作業も担っている。

 この水上型太陽光発電所は、米SolarEdge Technologies製の小型PCSと、太陽光パネルに取り付ける端子であるパワーオプティマイザーをセットで導入し、太陽光パネル2枚ごとに監視・制御できる仕組みを採用している。

 パワーオプティマイザーは、通常はPCSが担う最大電力点追従(MPPT)制御、DC/DC変換器の機能を持つ。

 発電効率の利点に関心が集まるが、より大きな価値は、安全面にある。太陽光パネル単位で制御できることから、発電設備に何らかの異常が生じたときに、遠隔でパネルごとに出力を止められる。PCSからの信号を正常に受信できない状態になった場合にも、その直流回路の送電が止まる。

 今回のトラブルでも、この機能が生きた。

 遠隔監視システムで異常を示す警報が発され、現地で該当する回路を調べてみると、電線を覆う樹脂の被覆が損傷し、銅線がむき出しになっている場所があった。複数の場所で、このような損傷が生じていた(図1)。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
図1●かじって被覆が剥かれた電線
(出所:エネテク)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング