トラブル

住宅太陽光の接続箱に5羽の「スズメ」、侵入経路は?

エネテク 第64回

2021/04/01 05:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 このシリーズでは、エネテク(愛知県小牧市)が、太陽光発電所の点検やO&M(運用・保守)サービスを担う中で対応してきたトラブル事例を取り上げている。同社は、2007年に創業した電気設備工事会社で、太陽光発電の施工も多く手掛けてきた。O&Mサービスでは、点検時に原因分析だけでなく、状況によっては、その場で不具合の原因を解消するといったワンストップの対応が特徴となっている。

 今回は、住宅用の太陽光発電設備における例を取り上げる。

 関東にある住宅で、他社が太陽光発電設備を設置し、エネテクが点検を受託した。

 最近では、事業用の太陽光発電設備に限らず、予算の面で限りがある住宅用でも、こうした点検の例が増えている。安全面から望ましい方向といえる。

 電圧の測定のために、外壁に固定されていた接続箱を開けると、中には5羽のスズメの姿があった(図1)。いずれも死亡していた。

クリックすると拡大した画像が開きます
図1●5羽のスズメが死んでいた
クリックすると拡大した画像が開きます
図1●5羽のスズメが死んでいた
(出所:エネテク)

 エネテクの点検担当者は、まずそれらを接続箱から撤去した。死骸には、多少の損傷が見られた。接続箱の中で暴れたためとみられる。

 その後、接続箱の中を点検すると、電圧などにも異常はなかった。接続箱の機能などには、スズメの侵入や暴れる行動による損傷までには至らなかったようだ。

 ただし、これは幸いと言え、電気的なトラブルが起きてもおかしくないという。

  • 記事ランキング