トラブル

雪中で分散型パワコンが焼損、あわや火災の危険も

エネテク 第65回

2021/04/15 05:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 このシリーズでは、エネテク(愛知県小牧市)が、太陽光発電所の点検やO&M(運用・保守)サービスを担う中で対応してきたトラブル事例を取り上げている。同社は、2007年に創業した電気設備工事会社で、太陽光発電の施工も多く手掛けてきた。O&Mサービスでは、点検時に原因分析だけでなく、状況によっては、その場で不具合の原因を解消するといったワンストップの対応が特徴となっている。

 今回は、積雪期にパワーコンディショナー(PCS)が発火したとみられる例を取り上げる。

 関東にあるメガソーラー(大規模太陽光発電所)で、エネテクが定期点検を受託している。

 このメガソーラーの定期点検を1月に実施した。この日は、ドローン(無人小型飛行体)を使った点検と巡回による点検を実施した。

 現地は積雪していた。駐車場からメガソーラーまでは少し離れているため、新雪を踏みしめながらメガソーラーに向かった(図1)。

図1●雪の中を歩いて向かった
図1●雪の中を歩いて向かった
(出所:エネテク)
クリックすると拡大した画像が開きます

 この日の点検従事者の1人は、ベトナムの出身者だった。雪を見るのが新鮮だったようで、いつもよりも歩みが踊り気味だった。

 現地ではまず、ドローンによる点検を実施した。

 最初にドローンで点検しておくと、ストリング(太陽光パネルを接続した単位)の異常や、太陽光パネルの異常を簡単に発見できるので、重点的に調べる場所をあらかじめ絞っておくことができ、そうした場所をより念入りに点検でき、かつ、全体の点検作業を効率化できる。

 このメガソーラーでは、ドローン点検では異常が見つからなかった。

  • 記事ランキング