トラブル

「すべてのパネルを交換したい」、ずさんな工事の低圧太陽光(page 3)

エネテク 第69回

2021/06/17 05:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 発電量が低下した主な原因は、この部分であると予想できた。

 通常のメニューでの計測機器による点検を終え、次は目視点検に移った。すると、不自然にテーピングが施されているコネクターが見つかった(図4)。

図4●テーピングされていたコネクター
(出所:エネテク)
クリックすると拡大した画像が開きます

 テープをはがしてみると、その下には、端子が接続されていたものの、本来ならあるはずの、もう一方のコネクターの樹脂の外装がなかった。樹脂の外装がないために、テーピングでごまかしていたようだ。このような場所が4カ所もあった。

 施工時に、コネクターが足りなったことによる措置と推察される。端子の圧着だけ施して、絶縁テープで巻いて施工していた(図5)。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
図5●端子には接続されていたが、樹脂の外装がなかった
(出所:エネテク)
  • 記事ランキング