トラブル

「出力制御用の遠隔制御システムを入れたら、パワコン停止が頻発」、原因はアリ!(page 3)

エネテク 第70回

2021/07/01 05:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 PCSの隣にある、遠隔監視・制御システムの筐体の扉を開けた(図1)。すると、筐体の中で、何か黒いものが動いていた。アリだった。卵まであった。

図1●左上付近に、黒いアリと黄色の卵がみえる
図1●左上付近に、黒いアリと黄色の卵がみえる
(出所:エネテク)
クリックすると拡大した画像が開きます

 アリは、筐体の下部にある電線の入出力口を塞いでいる樹脂のパテを食い破って、遠隔監視・制御システムの筐体内に侵入していた。居心地がよいのか、産卵までして巣として生息していた。

 第28回の「アリが電線を食いちぎり、メガソーラーが稼働停止!」で紹介したとおり、アリは顎が強靭で電線くらい、簡単に食いちぎるのだ。

 応急措置として、アリを除去し、さらに、遠隔監視・制御システムの筐体にある、電線の入出力口を塞ぐためのパテを補修した。さらに、筐体内に、アリの駆除剤(アリの巣コロリ)を追加した(図2)。

図2●アリは除去、パテは補修し、アリの駆除剤を追加した
図2●アリは除去、パテは補修し、アリの駆除剤を追加した
(出所:エネテク)
クリックすると拡大した画像が開きます

 この後、同じような通信の異常によるPCSの稼働停止は生じていない。



【エネテクによるトラブル・シューティング】
  • 記事ランキング