トラブル

豪雨の後、「太陽光パネルに、おびただしいカエルの死骸」

エネテク 第72回

2021/07/29 17:45
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 このシリーズでは、エネテク(愛知県小牧市)が、太陽光発電所の点検やO&M(運用・保守)サービスを担う中で対応してきたトラブル事例を取り上げている。同社は、2007年に創業した電気設備工事会社で、太陽光発電の施工も多く手掛けてきた。O&Mサービスでは、点検時に原因分析だけでなく、状況によっては、その場で不具合の原因を解消するといったワンストップの対応が特徴となっている。

 近年は、記録的な豪雨といった、過去には想像できなかったような極端な気象が各地で増えている。太陽光発電所における被災も目立つようになってきた。

 こうした極端な気象は、生物にも大きな影響を及ぼす。今回は、こうした自然災害にともなう生物の思わぬ行動によるトラブルを紹介する。

 中国地方において、広い範囲で記録的な豪雨に見舞われた災害は記憶に新しい。この際、同地方の高圧配電線に連系している太陽光発電所の周辺で、多くの沢が氾濫した。この影響で、この太陽光発電所内も浸水した。

 この太陽光発電所は、エネテクがO&Mを受託している。

 豪雨の翌日は、台風一過のような猛暑となった。しかし、この太陽光発電所からは、稼働停止を知らせる警報が届いた。このため、エネテクの点検担当者が現地に向かった。

 しかし、前日の豪雨によって、あちこちで土砂崩れが起きていた。これによって近隣の道路の多くで通行できない状況だった。高速道路の一部も通行止めとなっていた。現地には簡単に到着できなかった。

 中でも、この太陽光発電所の近隣の道が、土砂によって通行できなくなっていた。この土砂は、近くの沢が氾濫した際に、沢からの泥水に混じって溢れてきたもののようだった。クルマで現地まで行くことは難しく、途中から歩いて現地に向かった。

 こうして何とか現地には辿り着いた。しかし、すでに夕方になってしまっていた。

  • 記事ランキング