トラブル

発見例が増えてきた、「雨が降ると漏電する」太陽光パネル

エネテク 第73回

2021/08/19 05:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 このシリーズでは、エネテク(愛知県小牧市)が、太陽光発電所の点検やO&M(運用・保守)サービスを担う中で対応してきたトラブル事例を取り上げている。同社は、2007年に創業した電気設備工事会社で、太陽光発電の施工も多く手掛けてきた。O&Mサービスでは、点検時に原因分析だけでなく、状況によっては、その場で不具合の原因を解消するといったワンストップの対応が特徴となっている。

 今回は、太陽光発電所において、雨が降った時だけに生じるという、あまり知られていない太陽光パネルの地絡の例である。最近になって、増えつつあるという。

 雨の日に、パワーコンディショナー(PCS)が地絡を検出し、稼働を停止する。遠隔監視システムでPCSの稼働停止が通知され、翌日、点検担当者が現地に向かい、安全を確認した上で、PCSを再起動する。

 点検担当者が現地に向かうのは、通常は雨天ではなく晴天時である。晴天時に、通常通りに発電が復旧する。その後、再び雨が降った日には、またPCSが停止する。

 エネテクでは、こうした「雨天時にのみ生じる地絡」が疑われる例を、複数の太陽光発電所で発見してきた。原因のひとつに、太陽光パネルの不良があると推測している。

 この地絡による不良の難しいところは、天候が回復すると、地絡の状態も解消されてしまう点にある。

 さらに、太陽光パネルメーカーにこの状況について問い合わせると、「雨天時に、パネルの絶縁抵抗値が下がるのは当然の現象」、「その際の絶縁抵抗値は、1MΩ以上あれば製品として問題ではなく、異常ではない」といった回答がなされることが多い。

 それでは、雨天時に地絡が生じる太陽光パネルの、その際の絶縁抵抗値は1MΩを下回っているのかどうか。これを証明するのは簡単ではない。

 そもそも、太陽光発電所における電気的な点検は通常、雨天時には実施しない。感電などのリスクが高まることに加え、雨に濡れながらの屋外作業は、点検に限らず身体的・心理的な負担が大きいからだ。そのため、通常は晴天時に点検する。

 しかし、この地絡は雨天時にしか生じないと思われるため、同社ではこれまで、安全かつ雨天時の状況を再現できる手法で、点検したこともある。例えば、雨の降っていない時に、噴霧器をつかって水で濡らし、その状態で1枚ずつ太陽光パネルを点検したことがある。さらに、豪雨の中、安全を確保しながら点検したこともある。

 いずれも通常以上に手間や根気のいる点検で、しかも、顧客に追加費用を請求することもできない。それでも実施したのは、今後、多く生じる可能性があるため、早く実態を解明し、太陽光パネルメーカーを含めた業界共通の知見になって欲しいとの使命感からという。

 こうして実際に、雨でPCSが停止した時には、太陽光パネルメーカーが不良と認定するとしている数値である「絶縁抵抗値1MΩ以下」に下がっているパネルがあることを、豪雨時の点検で突き止めた例がある(関連コラム:「雨が降ると漏電する」太陽光パネル、豪雨時の測定で異常値)。

 今回、紹介する太陽光発電所でも、これと同じような不良が生じていた。高圧配電線に連系している太陽光発電所である。

  • 記事ランキング