トラブル

「太陽光発電所内でシカが死亡」、フェンスを飛び越えて侵入(page 2)

アレイに首が激突か?

2021/08/26 05:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 報告を受けて、発電事業者の担当者は、現地に向かった。

 すると、報告の通り、太陽光発電所の敷地内に1頭のシカが倒れていた。すでに死んでいるようだった(図2)。

図2●敷地外からフェンスを飛び越えて侵入したようだ
図2●敷地外からフェンスを飛び越えて侵入したようだ
(出所:この太陽光発電所の発電事業者)
クリックすると拡大した画像が開きます

 シカは、跳躍する能力が高い。この発電所では、高さ約1.5mのフェンスを外周に設置していた。

 この状況から、シカが敷地外からフェンスを飛び越えて、太陽光発電所の敷地内に入り込んだと推測された。

 発電事業者では、シカは、太陽光発電所の敷地内に侵入した後、設備に衝突するなど、何らかの事故が生じたのではないかと推測している。

 例えば、アレイ(太陽光パネルを架台に固定する単位)に首を強くぶつけるような状況が生じたことなども、その一つと推測している。

 その際、首の骨が折れてしまい、死に至ったのではないかという。

  • 記事ランキング