トラブル

太陽光の点検中、アレイの下に座っていたのは「カモシカ」

エネテク 第77回

2021/10/07 05:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 このシリーズでは、エネテク(愛知県小牧市)が、太陽光発電所の点検やO&M(運用・保守)サービスを担う中で対応してきたトラブル事例を取り上げている。同社は、2007年に創業した電気設備工事会社で、太陽光発電の施工も多く手掛けてきた。O&Mサービスでは、点検時に原因分析だけでなく、状況によっては、その場で不具合の原因を解消するといったワンストップの対応が特徴となっている。

 今回は、太陽光発電所で点検中に、シカに遭遇した例を紹介する。

 シカは近年、国内の多くの森林や里山で目撃情報が急増している。太陽光発電所の敷地内に侵入していた形跡の報告も少なくない。シカは、外周のフェンスを飛び越えて太陽光発電所の敷地内に侵入してくる。

 第74回では、草刈りの作業中、雑草の茂みの中に動物の気配を感じ、その茂みの雑草を刈り進めていくと、見事なシカの角が落ちているのを見つけたという例を紹介した(関連コラム:草刈り中に動物の気配、あとには戦国武将の兜を彷彿させるシカの角)。

 この時は、気配は感じたものの、点検担当者がシカに遭遇し、姿を見るまでには至らなかった。

 今回は、東北地方の山間部に立地する特別高圧送電線に連系しているメガソーラー(大規模太陽光発電所)における例である。

 エネテクの点検担当者が、このメガソーラーに向かい、敷地内に入って作業をはじめると、アレイ(太陽光パネルを架台に固定する単位)の下の地面に、なにやら動物らしい姿をみつけた。

 観察してみると、カモシカのようだった。足を休めるように、地面に座っていた(図1)。

図1●アレイ下にカモシカがいた
図1●アレイ下にカモシカがいた
(出所:エネテク)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング