トラブル

「ラピュタの城」のような太陽光・続々編、対策を重ね、6回目の盗難は未遂に

エネテク 第84回

2022/01/20 20:42
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 このシリーズでは、エネテク(愛知県小牧市)が、太陽光発電所の点検やO&M(運用・保守)サービスを担う中で対応してきたトラブル事例を紹介している。同社は、2007年に創業した電気設備工事会社で、太陽光発電の施工も多く担当してきた。O&Mサービスでは、点検時に原因分析だけでなく、状況によっては、その場で不具合の原因を解消するといったワンストップの対応が特徴となっている。

 今回は、深い森のように雑草が覆い、まるでアニメ映画「天空の城ラピュタ」のような様相となっていた太陽光発電所のその後について取り上げる。

 この発電所は関東地方にある。低圧配電線に連系し、数区画の太陽光発電所が隣接している。売電を開始してから約5年間、一度も点検やメンテナンスを実施したことがなかった。ツル性植物が伸び放題となっており、ツルやそれに付いた葉が幾重にも分厚く覆っていた(図1)。

図1●除草する前の様子
図1●除草する前の様子
(出所:エネテク)

 この低圧事業用発電所の開発にかかわった企業が、稼働して5年経ったのを機に、発電所の状態を把握したいと考え、エネテクに点検を依頼した。そこで、エネテクが事前調査のために現地に向かい、こうした状況を把握した。

 雑草のほかにはまったく何も見えず、そこに太陽光発電所があることを知らなければ、気づかないだろうというほどだった。

 エネテクでは、依頼主に対して、この状態では敷地内に入ること自体が容易ではなく、除草してからでなければ、点検を引き受けられないことを伝えた。依頼主は、エネテクの要望に応えて、除草してエネテクに点検を依頼することを決めた。

 このコラムの第40回で、除草して点検できる環境が整ってから発電設備を調べたところ、集電箱内に水がたまり、筐体内の金属製の固定具が真っ白に腐食していたことを記述した。

 白サビは長期間、放置していると、集電箱の電気的な機能そのものに悪影響を及ぼす恐れや、腐食した部分が発熱、発火する恐れもある。すでに絶縁抵抗値が著しく悪い状態だった。

 第46回では、除草したことで手入れが行き届き、敷地の内外を不自由なく通行できるようになったことで、電線が切断されて盗まれてしまったことを取り上げた(図2)。

クリックすると拡大した画像が開きます
図2●電線を盗まれた1回目の後の様子
クリックすると拡大した画像が開きます
図2●電線を盗まれた1回目の後の様子
クリックすると拡大した画像が開きます
図2●電線を盗まれた1回目の後の様子
(出所:日経BP)

 電線の盗難は、国内各地の太陽光発電所で多く起きている。主にパワーコンディショナー(PCS)以降の送電を担う、交流変換後の出力側の電線が盗まれることが多い。

 盗難の被害に関してだけをみれば、しっかりと除草したことが仇になったかもしれないが、以前のように適切に管理していない状態に戻したり、除草を怠るべきではない。

 雑草に覆われ、何らかの理由で発電設備からの火花(アーク)や過熱をきっかけに雑草が燃え、火災を引き起こす恐れもある。また、集電箱に漏電が生じ、もう少しで安全機能が働いて漏電遮断器が動作する可能性が高い状態で、売電が止まる一歩手前だったとも推察された。

 この後も、雑草は適切に刈る状態を維持したが、盗難が続いてしまった。これまで5回、電線が切られて盗まれた。

 エネテクの助言で、段階的に盗難対策も加えてきた。まず、警備会社と契約して警備サービスを導入した。次に、外周の柵を補強した。さらに、警備サービスの内容を強化した。

  • 記事ランキング