トラブル

「影がない場所も過熱」、ハーフカットセルの太陽光パネルに特有の異常

エネテク 第90回

2022/04/14 20:20
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 このシリーズでは、エネテク(愛知県小牧市)が、太陽光発電所の点検やO&M(運用・保守)サービスを担う中で対応してきたトラブル事例を取り上げている。同社は、2007年に創業した電気設備工事会社で、太陽光発電の施工も多く担当してきた。O&Mサービスでは、点検時に原因分析だけでなく、状況によっては、その場で不具合の原因を解消するといったワンストップの対応が特徴となっている。

 太陽光パネルは年々、進化している製品である。セル(発電素子)自体の発電効率の向上を生かすだけでなく、パネルの構造や製造プロセスの工夫によっても発電量が増えたり、コスト削減効果につながっている。

 構造を従来と大きく変えた新たなタイプのパネルもある。こうした先端的な製品では、これまでの太陽光パネルとは違った故障の傾向がみられる場合もある。

 今回、紹介するのは、ハーフカットセルと呼ばれるタイプの故障例である。

 この先端的な太陽光パネルは、従来のセルを半分に切断した、長方形のセルで構成したもので、内部抵抗が減ることなどで効率が高まる利点があるとされている。

 エネテクが点検を受託した太陽光発電所で、ドローン(無人小型飛行体)を使って赤外線カメラで空撮した太陽光パネルの熱分布の画像から、周辺よりも温度が過剰に高く過熱している場所が見つかった(図1)。

図1●雑草の影がない場所も過熱していた
クリックすると拡大した画像が開きます
図1●雑草の影がない場所も過熱していた
クリックすると拡大した画像が開きます
図1●雑草の影がない場所も過熱していた
(出所:エネテク)

 地上で確認すると、隣接している太陽光パネルの隙間から、雑草がパネルの上まで伸びていた。この雑草が影を落とし、過熱につながっていることがわかった。

 この雑草を取り除くと、過熱はなくなった。

 しかし、疑問が残った。影がないにもかかわらず、過熱している場所があったことだ。除草すると、この過熱もなくなった。

  • 記事ランキング