特集

米最大「690MW太陽光+360MW蓄電池」がネバダ州で計画(page 4)

州所有地に建設、トランプ政権の承認で動き出す

2020/01/10 05:00
Junko Movellan=ジャーナリスト
印刷用ページ

ネバダ州「2050年までに100%」

 ちなみに、ネバダ州は、よりクリーンで、グリーンなエネルギー将来を目指し、州レベルでクリーンエネルギー転換を達成する最も重要な政策である「再生可能エネルギー・ポートフォリオ基準(RPS)」を昨年4月に大きく引き上げた。

 現在同州のRPS法のもと、2030年までに同州の電力源の50%を再エネで、そして2050年までに100%をカーボンフリー(二酸化炭素排出ゼロ)電源で賄うことを法律で規定している。

 ジェミニプロジェクトは、エヌヴィ・エネルギー社のこのRPS法に遵守に一歩近くもので、2019年12月にネバダ州公益事業委員会によって承認されたエヌヴィ・エネルギー社の資源総合計画(Integrated Resource Plan =IRP)には、ジェミニのプロジェクトを含む計1190 MW(1.19GW)の「太陽光発電+蓄電池」のプロジェクトが含まれていた。

 ちなみに、ジェミニプロジェクトの開発コストは、10億ドルと言われている。

  • 記事ランキング