特集

米加州の砂漠地帯で1GWのメガソーラー、開発許可へ

27.5GWを超える再エネ事業が西部の公有地で承認待ち

2022/01/11 05:00
Junko Movellan=ジャーナリスト
印刷用ページ

西部劇の舞台にメガソーラー

 米西部開拓時代を舞台にしたウエスタンムービー(西部劇)と言えば、勇敢なガンマンと駅馬車。そして、背景にはほとんどのシーンで広大な砂漠が広がっている…。ゴロゴロした大きな岩の周りには多種のサボテン、吹き付ける風でコロコロ回る雑草と舞い上がる砂。そんな荒涼とした風景を持つカリフォルニア州の砂漠地帯には連邦政府の公有地があり、そこでメガソーラー(大規模太陽光発電所)の開発が進んでいる(図1)。

図1●メガソーラーが開発される連邦政府所有のカリフォルニア州の砂漠
図1●メガソーラーが開発される連邦政府所有のカリフォルニア州の砂漠
(出所:BLM)
クリックすると拡大した画像が開きます

 米国・内務省土地管理局(BLM)は、主として西部の膨大な公有地と資源を所管している。具体的には、2億4500万エーカーの公有地と7億エーカーの鉱区を管理している。これは、米国の10エーカーにつき1エーカーの土地と、国の全鉱物の約30パーセントをBLMが管理していることになる。

  • 記事ランキング