特集

米版「地域新電力」、相次ぎメガソーラーとPPA契約、稼働済み最大は200MW

「エネルギー地産地消」を掲げ、加州で拡大する「CCA」

2020/02/05 05:00
Junko Movellan=ジャーナリスト
印刷用ページ

電力独占下でも法的に認可

 先月末、米国コミュニティ・チョイス・アグリゲーション(CCA)の調達する太陽光としては最大規模の発電所が稼働した。CCAとは、地方自治体の関与した電力小売事業者で、大手電力の独占下でも法的に電力事業が認められている。

 出力200MWを超える「ライト・ソーラー」と呼ばれるこのメガソーラー(大規模太陽光発電所)プロジェクトは、カリフォルニア州北部のセントラル・バレーに建設された。サンマテオ郡のCCAであるペニンシュラ・クリーン・エネルギーを通してサンマテオ郡の需要家に電力が供給される(図1)。

図1●地域新電力によって導入された200MWを超える「ライト・ソーラー」プロジェクト
(出所:Peninsula Clean Energy)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング