現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線

パンデミック乗り越え、2020年も拡大した企業の再エネ調達

最大需要家はアマゾンで5.1GW、主流は太陽光

2021/02/08 05:00
Junko Movellan=ジャーナリスト

世界で23.7GWに拡大

 新型コロナウイルスの感染拡大は昨年、世界的に健康と経済を危機にさらしたが、企業による「脱炭素」への動きは一層、強まった。

 調査会社ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス(BNEF)によると、全世界の企業によるクリーンエネルギー(再生可能エネルギー)の新規契約規模は、2020年に23.7GWに拡大し、2019年の20.1GW、2018年の13.6GWからさらに伸び、記録的な調達量となった(図1)。

図1●地域別世界企業によるクリーンエネルギーPPA締結規模動向(GW) 、AMERは北米、EMEAは欧州・中東・アフリカ、APACはアジア・太平洋地域
(出所:BloombergNEF)
クリックすると拡大した画像が開きます

 この調達量は、石油・ガスや大手ITなど、多様な業種をカバーする130社以上の企業によって結ばれたクリーンエネルギーの電力購入契約(PPA)によるものだ。

 BNEFでシニア・アソシエイトを務めるカイル・ハリソン氏によると、企業の株主など含むステークホルダーの持続可能性に対する関心がより高まり、クリーンエネルギーへのアクセスが世界的に拡大しているという。

半分以上が米国での調達

 新型コロナウイルス感染症の大流行、世界的な景気後退、米国大統領選挙に先立つ米国のエネルギー政策に対する不確実性によって壊滅的な打撃を受けた1年にもかかわらず、企業によるクリーンエネルギー調達量は拡大した。 

 BNEFのハリス氏は、「これらの条件下で、クリーンエネルギー調達市場を維持するだけでなく成長させることは、多くの企業のアジェンダ(実行すべき行動計画)の中で持続可能性の優先順位がいかに高いかを証明しています」と、語った。

 BNEFによると、2019年に続き、米国は再び最大のクリーンエネルギー調達市場だった。2020年に米国で11.9GWの企業によるPPAが結ばれた。この調達量は世界全体の50%以上を意味する。

 とはいえ、この調達量は、2019年の14.1GWに比べると減少しており、2016年以来、初めて前年を下回ったことになる。

 感染症のパンデミック(世界的大流行)が発生した時期と一致する2020年前半には、クリーンエネルギーの調達は大きく抑制され、その期間の企業によるPPA締結規模はわずか4.3GWに留まった。ただその後、盛り返し、2020年後半には、2倍以上の9.8GWが締結された。

アマゾンが断トツの調達量No1

 BNEFのサステナビリティアナリスト、ジョナス・ルーズ氏は、「これまで以上に、企業は世界規模で手頃な価格のクリーンエネルギーにアクセスできます。 企業はもはや、クリーンエネルギー調達目標の設定と、それに向けた取り組みに躊躇する言い訳はありません」と、加速する企業によるクリーンエネルギー調達について語った。

 企業別に調達量を見てみると、米アマゾンが群を抜くNo. 1で、2020年に35のPPAからなる計5.1GWのクリーンエネルギーを調達した。アマゾンに続くのは、フランス大手石油会社であるトタル(3GW)、台湾半導体製造ファウンドリであるTSMC(1.2GW)、そして米国のテレコムボライズン(1GW)の4社が1GWを超える調達量でトップ4を占めた。

 891MWと1GWを下回った米フェイスブックは5位で、米自動車メーカーのゼネラルモーターズ(GM)、米大手テレコムのAT&T、そして、米IT大手のマイクロソフトと、米国企業が上位を占めた。

 ちなみに、アマゾンは、これまでに7.5GWを超えるクリーンエネルギーを購入しており、世界最大のクリーンエネルギー調達者として米グーグルの6.6GWおよびフェイスブックの5.9GWを上回っている(図2)。

図2●2020年企業によるクリーンエネルギーPPA締結トップ10(注:単位MW、黄色=太陽光発電、水色=風力)
(出所:BloombergNEF)
クリックすると拡大した画像が開きます

全体の7割が太陽光

 ハリス氏によると、2020年に世界の企業でPPA締結された20.1GWのうち16.4GW、全体の70%以上は太陽光発電が占めたという。 米国で見てみると、契約された11.9GWのうち9.9GW、なんと全体の83%を太陽光発電が占めた。

 ちなみに、2020年に最大規模のPPAを結んだのは7位にランキングされたAT&Tで、調達量は650MWとなっている。 「サムソン・ソーラー・エネルギー・センター」と呼ばれる米国で最大規模となる1.31GW(1310MW)もの巨大な太陽光発電所(テキサス州)から、クリーンエネルギーを調達する(図3)。

図3●2020年世界最大規模のクリーンエネルギー調達契約をした米大手テレコムAT&T
(出所:AT&T)
クリックすると拡大した画像が開きます

 これまでのところ、クリーンエネルギーの調達では、太陽光発電が市場を独占しているが、その傾向は近い将来も続くのだろうか? 「今後も企業にとって太陽光発電はより好ましい(クリーンエネルギー)テクノロジーになると予測しています。 理由の1つは、企業にクリーンエネルギーの調達ノウハウが蓄積され始めており、(太陽光発電の出力が高まる)日中のピーク電力価格をより有効に活用したいと考えているためです。さらに、新設発電開発プロジェクトの中で、太陽光は最も競争力が高いエネルギーでもあるからです」と、ハリス氏は分析する。

 さらに、今年のクリーンエネルギー調達について、ハリス氏は、パンデミックと米国の政治情勢の確実性が高まってきたことで、2021年には企業によるPPA締結が回復すると予想している。