特集

アイダホ州の電力大手、「フェイスブック」向けにメガソーラー開発

大口顧客と連携した再エネ新設プログラムで、「再エネ100%」支援

2022/02/27 05:00
Junko Movellan=ジャーナリスト
印刷用ページ

再エネへの新規投資で地域貢献

 日本では「アイダホ」と聞くと「ポテト」がすぐ頭に浮かんでくると思うが、そんな米国北西部のロッキー山脈にある州で、今月メタ・プラットフォームズ(フェイスブックから社名変更、以下メタ)が、新しいデータセンターの計画を発表した。

 この計画でメタは、「データセンターコミュニティにポジティブに貢献することを誓う」と表明した。その一例として地域での再生可能エネルギー開発への投資も含まれている。

 このプロジェクトの核となる施設は、アイダホ州で最初の大規模なデータセンターで、同州の首都であるボイジーの南にあるクナに建設される。メタによると、この施設の規模は、96万平方フィートで、8億米ドルが投資される。2022年9月に着工予定で、建設は2025年まで続くと予想されている(図1)。

図1●メタがアイダホ州で建設予定の データセンター(イメージ図)
図1●メタがアイダホ州で建設予定の データセンター(イメージ図)
(出所:Meta Platforms)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング