特集

「RE100」IT大手に押され、バージニア州でメガソーラー続々

データセンターに供給、初の「蓄電併設型」も導入へ

2020/03/04 05:00
Junko Movellan=ジャーナリスト
印刷用ページ

IT大手のデータセンターが集積

 米バージニア州と聞くと、政策的に太陽光発電に熱心な州というイメージはないが、実際には、着々と太陽光の導入が拡大している。米国太陽エネルギー協会(SEIA)によると、同州は、太陽光発電の累積導入量ですでに全米17位(2019年第3四半期時点)とトップ3分の1に入る。

 実は、同州で今まで太陽光発電導入を牽引してきたのは、州政府ではなく、なんと、データセンターなのである。

 米IT業界のリーディング企業の拠点は、シリコンバレーと呼ばれるカリフォルニア州北部に集中しているが、それら企業のデータセンターはバージニア州北部に集積している。バージニア州で最もデータセンターの運営規模が大きいのはアマゾン ウェブ サービス(AWS)。フェイスブック、マイクロソフトも同州でデータセンターを運営している(図1)。

図1●「データセンター裏通り」とも呼ばれるバージニア州北部
(出所:Data Center Frontier)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング