現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線

「RE100」IT大手に押され、バージニア州でメガソーラー続々

データセンターに供給、初の「蓄電併設型」も導入へ

2020/03/04 05:00
Junko Movellan=ジャーナリスト

IT大手のデータセンターが集積

 米バージニア州と聞くと、政策的に太陽光発電に熱心な州というイメージはないが、実際には、着々と太陽光の導入が拡大している。米国太陽エネルギー協会(SEIA)によると、同州は、太陽光発電の累積導入量ですでに全米17位(2019年第3四半期時点)とトップ3分の1に入る。

 実は、同州で今まで太陽光発電導入を牽引してきたのは、州政府ではなく、なんと、データセンターなのである。

 米IT業界のリーディング企業の拠点は、シリコンバレーと呼ばれるカリフォルニア州北部に集中しているが、それら企業のデータセンターはバージニア州北部に集積している。バージニア州で最もデータセンターの運営規模が大きいのはアマゾン ウェブ サービス(AWS)。フェイスブック、マイクロソフトも同州でデータセンターを運営している(図1)。

図1●「データセンター裏通り」とも呼ばれるバージニア州北部
(出所:Data Center Frontier)
クリックすると拡大した画像が開きます

「経済効果」を守る

 電力市場が完全に自由化されていないバージニア州で、最大規模の電力会社はドミニオン・エネルギー・パワー(以下ドミニオン)である。同社は発電から送電まで行う垂直統合型の地域独占電力会社であり、環境保護や再生可能エネルギーにはかなり遅れをとっていた。

 AWS、フェイスブックなどデータセンターを運営する企業グループは、国際イニシアチブ「RE100」に加盟するなど再エネ転換にたいへん積極的で、バージニア州の規制当局に対し、州内での再エネの選択肢を増やすことを要望してきた。

 こうした声に応える形で、ドミニオンはメガソーラー(大規模太陽光発電所)の開発に乗り出した。その背景には、データセンターによる経済効果を同州に留めるためには、十分な再エネ電力を提供できる体制を整えることが不可欠という判断がある。

 実際、ドミニオンはすでにAWS向けに6基のメガソーラー (合計出力260MW)をバージニア州で稼働している。さらに、今年1月に新たに120MWのメガソーラー をAWSと同州のアーリングトン郡用に建設することを発表した(図2)。

図2●アマゾンのデータセンター向けに建設されたメガソーラー (80MW)(出所:Dominion Energy)
クリックすると拡大した画像が開きます

1.5GWの太陽光が稼働済み

 フェイスブックのデータセンター向けにもすでに合計出力360MWのメガソーラー が稼働している。ドミニオンはさらに今年2月にフェイスブックと提携し、同州のグリーンビレ郡に100MWの太陽光発電所を開発すると発表した。

 太陽光発電導入量において、ドミニオンは全米の電力会社グループの持株会社では4位になるという。ドミニオンは、米国で最も持続可能な企業の1つになることを目指して、現在、40を超える太陽光発電施設を運営しており、合計1500 MW(1.5GW)を超える太陽光発電がバージニア州で稼働または開発中である。

 同社は今年2月に、2050年までに二酸化炭素とメタンの排出で「ネット・ゼロ」を達成するという目標を発表し、気候変動問題に対して積極的な姿勢を示した。

 さらに、ドミニオンはバージニア州法人委員会からエネルギー貯蔵を活用した試験運用(パイロット)プロジェクトの承認を得た。このプロジェクトにより、同社はさらなる再エネ導入拡大とグリッド(電力系統)の信頼性を高められるとしている。エネルギー貯蔵施設の導入は、今後も太陽光の導入を拡大するカギで、昼間に発電した太陽光の電気を貯め、夕方からの需要ピーク時に放電する予定である。

16MWのエネルギー貯蔵導入

 このプロジェクトは4つのエネルギー貯蔵施設からなり、総出力は16MWに達する。同州では最大規模となり、同社にとって初のエネルギー貯蔵設備ともなる。採用されるエネルギー貯蔵技術はリチウムイオン電池である。

 2018年に施行した同州の「グリッド変革と安全法」によって、ドミニオンは最大30MWのエネルギー貯蔵施設に投資できることになっている。

 ドミニオンで発電建設担当副社長を務めるマーク・ミチェル氏は、「出力が断続的である太陽光と風力の変動を補ってグリッドシステムに統合し、電力供給の信頼性を維持し続けるため、16MWのエネルギー貯蔵を試験運用する。どのようにエネルギー貯蔵を活用するのがベストなのか、実証を通じて探っていきたい」と語った。

 バージニア州中部に建設する予定の4つのエネルギー貯蔵の総建設費用は約3310万ドルで、 プロジェクトは、現在2021年の第1四半期に稼働予定である。さらに、プロジェクトは、運用開始後5年間にわたって評価される(図3)(図4)。

図3●ドミニオン・エネルギー・パワーによるエネルギー貯蔵の試験運用プロジェクト
クリックすると拡大した画像が開きます
図4●エネルギー貯蔵設備が併設されるドミニオンが所有する「スコット・ソーラー発電所」(17MW)
(出所:Dominion Energy)
クリックすると拡大した画像が開きます