特集

米住宅太陽光市場、新型コロナでどんな影響が?(page 2)

レジリエンス向上や光熱費削減で評価する消費者も

2020/05/15 05:00
Junko Movellan=ジャーナリスト
印刷用ページ

消費者の太陽光への関心高まる

 まず、消費者へのアンケート調査だが、COVID-19以前に太陽光発電導入を考えていた、18歳以上の全米の消費者を対象に、今年3月末から4月14日に渡ってオンライン調査が行われた。ちなみに、調査の対象者数は509人である。

 「COVID-19でどのように太陽光発電に関する興味が変わりましたか?」という質問に対し、63%は、COVID-19以前より太陽光発電導入への関心が強まったと答えている。全体の37%は、「特に強まった」と答えている(図2)。

図2●消費者のCOVID-19パンデミック前後における太陽光発電導入への関心の変化
図2●消費者のCOVID-19パンデミック前後における太陽光発電導入への関心の変化
(出所:EnergySage)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング