特集

2019年の世界太陽電池市場、シェアトップ5社は?

出荷量は前年比39%増、「単結晶」が主流に

2020/05/25 05:00
Junko Movellan=ジャーナリスト
印刷用ページ

出荷量は再び増加に転じる

 太陽光発電市場に関するリサーチ・コンサルティング会社である米SPV マーケットリサーチ(SPV Market Research)の最新レポート「ソーラーフレア(Solar Flare)」によると、2019年の全世界における太陽電池出荷量は、結晶シリコン系と薄膜系を合せ、前年比39%増の123.5GWだった。

 ちなみに、2018年の出荷量は、前年比5%減だったので、2019年に供給量は大きく改善され、盛り返したことになる。

 2019年の出荷量のシェアを国別に見てみると、1位は、中国で全世界出荷量の63%を占めた。2位はマレーシアだが、かなり距離を空けて、シェアは約20%だった。

 年間出荷量が10G Wを超えたのは、上位2位の中国とマレーシアだけだった。3位のベトナムは9GWを超えたが、 10GWにはとどかなかった。4位は台湾、5位は韓国となっている。米SPV マーケットリサーチによると、上位5位が2019年の全世界太陽電池出荷量の90%以上を占めた(図1)。

図1●2019年の国別世界太陽電池出荷量シェア(トップ5)
(出所:SPV Market Research)
クリックすると拡大した画像が開きます

 さらに、2019年の出荷量をメーカー別に見てみよう。

  • 記事ランキング