特集

太陽光と風力、今夏に導入が増加する“唯一”の電源

累積65GWの太陽光が稼働へ、政策支援とコスト低下で加速

2022/06/01 19:00
Junko Movellan=ジャーナリスト
印刷用ページ

ガス価格上昇でも石炭火力は減少

 米国エネルギー省(DOE)・エネルギー情報局(EIA)は、この夏、太陽光と風力が米国のより大きな発電源になるという予測を今年5月に発表した。

 EIAの「夏季電力見通し」と呼ばれるデータ分析レポートによると、この夏(6~8月)に米国電力部門で最も発電量が増加する電源は再生可能エネルギーで、 昨年の夏と比較して大幅に増加する“唯一”の発電源になると予想している。

 こうした再エネ発電量の大幅増加という見込みは、太陽光と風力発電の新規導入量から導かれるもので、2022年6~8月までの発電事業用太陽光発電所による発電量は、昨年夏の同時期と比較して1000万メガワット時(MWh)増加し、風力発電は800万MWh増加すると予測されている(図1)。

図1●米国における年別・電源別の夏季電力供給量(左)、米国における年別・電源別の夏季電力供給量の増減変化(右)
図1●米国における年別・電源別の夏季電力供給量(左)、米国における年別・電源別の夏季電力供給量の増減変化(右)
(左図の注:6~8月、単位・100万MWh、水色=水力、黄色=太陽光、緑色=風力、小麦色=天然ガス、うぐいす色=石炭、灰色=原子力とその他、右図の注:6~8月、単位・100万MWh、出所:EIA)
クリックすると拡大した画像が開きます

 再エネと逆に、化石燃料資源である石炭火力と天然ガス火力からの発電量は、今年の夏に2600万MWh減少すると予測されている。2022年に予測される天然ガス価格の上昇により、天然ガス火力による発電量は、昨年に比べて今夏に減少するとされている。

 さらに、従来天然ガスの価格が上昇すると、代替として石炭火力の発電量が拡大したが、近年多くの石炭火力発電所が廃炉になり、さらに残りの石炭火力も何らかの制限を受けているため、発電量も減少するとされている。実際、EIAのデータによると、2011年から2021年の間に、米国全体で104.9GWの石炭火力が廃炉になった。

  • 記事ランキング