特集

太陽光パネルで用水路を覆う「ソーラーカナル」構想、全長で13GW

加州研究者が発表、温暖化対策のほか、節水、土地保護、大気質改善の効果も

2021/06/07 22:00
Junko Movellan=ジャーナリスト
印刷用ページ

水路からの蒸発を抑制

 多様な気候と壮大な自然を満喫できるカリフォルニア州だが、その地形上、地震、津波、偏西風、地すべり、そして山火事など自然災害が多い。それらに加えて、同州はここ数十年、深刻な干ばつの問題を抱えている。

 先月、米国カリフォルニア大学マーセド校から「太陽光パネルで水路(運河と用水路)を覆うことによるエネルギーと水への双方利益」(https://escholarship.org/uc/item/8cj5j07p)という研究論文が発表された。

 その論文の筆者の一人でありカリフォルニア大学サンタクルーズ校(UCSC)で博士研究員を務めるブランディ・マッククイン博士は、「(太陽光パネルが水路を覆う)『ソーラーカナル(用水路)』というアイデアは、カリフォルニアの水と気候の両方にとって、メリットがあることを見出しました。 約 4000 マイル(約6400km)の運河が、州全体で約 3500 万人もの人々と 約570 万エーカー(約2万3000km2)の農地に水を運んでいます。 これらの運河を太陽光パネルで覆うことで、カリフォルニアの最も重要な資源の 1 つでもある貴重な水の蒸発を減らし、州の再生可能エネルギーの目標を達成するのに役立ち、同時に費用も節約できます」と語る(図1)。

図1●カリフォルニア州の大規模な用水路上に太陽光パネルが設置されたイメージ画像
(出所:Solar AquaGrid LLC)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング