特集

米ファースト・ソーラーが「選択と集中」、モノづくり回帰へ

O&Mとデベロッパー事業を売却、米国内のパネル年産能力6GWに拡大

2021/06/16 05:00
Junko Movellan=ジャーナリスト
印刷用ページ

中国内を除いて最大規模

 今月6日、米太陽光パネルメーカー大手の米ファースト・ソーラーが、6億8000万ドルを投資して、米中西部オハイオ州に3番目の太陽光パネル工場を建設すると発表した。この工場が建設されると、同社の米国内における工場は、垂直統合型太陽電池生産メーカーとして中国内の生産拠点を除いて最大規模となる(図1)。

図1●米オハイオ州にあるファースト・ソーラーのパネル工場
図1●米オハイオ州にあるファースト・ソーラーのパネル工場
(出所:First Solar)
クリックすると拡大した画像が開きます

 ファースト・ソーラーといえば、カドミウムテルル(CdTe) 型化合物系太陽電池を生産し、薄膜パネルの製造・販売で世界トップのメーカーであり、EPC(設計・調達・施工)サービス事業者としても世界首位に立っている。さらに、大規模システム向けのO&M(運営・保守)サービスや、使用済みの自社パネルの回収・リサイクルも手掛けている。

 同社のパネル販売は累計で25GWを超え、さらに今までに4.7GWを超えるメガソーラーを世界各国でプロジェクトデベロッパーとして開発してきた。

 このようにファースト・ソーラーは、太陽光パネルの開発・生産という川上分野から、発電所システムのデザイン・建設などを含む川下まで統合されたビジネスで、世界の発電事業用メガソーラー(大規模太陽光発電)市場をリードしてきた。その同社がここにきて、「コア」に戻ろうとしている。

  • 記事ランキング