特集

石油産業を支えた米テキサス州、風力に続き太陽光でも全米トップに

太陽光発電の新設容量で、ついにカリフォルニア州を抜く!?

2021/06/24 16:00
Junko Movellan=ジャーナリスト
印刷用ページ

再エネでも他州をリード

 米国南部に位置するテキサス州と言えば、広大な土地、カウボーイ、巨大なステーキ、そして石油・天然ガス産業の中心地としても有名である。米本土最大の油田を擁し、長らく米国経済の発展を支えてきた。

 米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)によると、テキサス州は、原油と天然ガスの生産で依然として全米トップである。 2020年には、米国における原油生産量の43%、市場に出回っている天然ガス生産量の26%を占めた。実はすでに同州は、原油、天然ガスだけでなく、風力発電でも全米をリードしている。2020年には米国内で風力発電から生み出された電力の約28%が同州で発電したものだった。

 もともとテキサス州は発電電力量が最も多い州で、2番目のフロリダ州のほぼ2倍の電力を生産している。こうした全米トップのエネルギー生産エリアが、太陽光発電でも米国のけん引役になりつつある(図1)。

図1●テキサス州で稼働している連系出力250MWの大規模太陽光発電「ピービー・ソーラー」
図1●テキサス州で稼働している連系出力250MWの大規模太陽光発電「ピービー・ソーラー」
(出所:INNERGEX)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング