特集

米ラスベガスのMGM、100MWのメガソーラーと「CPPA」

ホスピタリティ業界で最大規模の電力購入契約に

2021/07/13 05:00
Junko Movellan=ジャーナリスト
印刷用ページ

州最大の電力需要家

 米国ではアマゾン、グーグルなどIT系のリーディング企業による再生可能エネルギーの調達が加速しているが、この動向はハイテク企業だけにとどまっていない。

 米西部の砂漠地帯に、オアシスのように突如として現れる巨大なホテルとネオンで眩いネバダ州ラスベガス。24時間、眠らないこの「不夜城」で、13ものカジノ・ホテルを運営・所有する米カジノ大手MGMリゾーツ・インターナショナル(以降MGM)が、出力100MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)から電力を調達し始めた。この調達規模は、現在ホスピタリティ業界で最大の再エネ調達になる(図1)。

図1●MGMの運営する13のカジノ・ホテルに電力を供給するメガソーラー
図1●MGMの運営する13のカジノ・ホテルに電力を供給するメガソーラー
(出所:MGM Resorts International)
クリックすると拡大した画像が開きます

 米ネバダ州では、先月6月2日の時点で、COVID-19(新型コロナウイルス)感染者の減少とワクチン接種率の増加により、州および地方レベルですべての制限が解除された。世界最大の歓楽都市は、長期のロックダウンを経て、市内にあるほぼすべてのカジノ・ホテルが全施設による営業を再開した。

 MGMは、ラスベガスに本社を置く統合型リゾート運営会社で、ホスピタリティとエンターテインメント業界で世界を代表する企業である。同社はラスベガスには、「ベラージオ」「MGMグランド」「ニューヨークニューヨーク」「アリア」「パークMGM」「ミラージュ」「マンダレイベイ」「ルクソール」「エクスカリバー」などそのユニークな外観と内装で有名な、計13の系列ホテル・カジノを持っている。大規模なカジノ・ホテルを運営する同社は、ラスベガス市のみならず、ネバダ州で最大の電力需要家となっている(図2)。

図2●24時間眠ることのない「不夜城」では、大量の電力が消費される
図2●24時間眠ることのない「不夜城」では、大量の電力が消費される
(出所:Las Vegas Convention and Visitors Authority)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング