特集

米電力、調整力に世界最大級の蓄電池、ガス火力2基を閉鎖へ

2030年までに11GW超のメガソーラーを導入

2021/08/09 18:00
Junko Movellan=ジャーナリスト
印刷用ページ

900MWhの巨大な蓄電池

 前回、このコラムで、米フロリダ州の大手電力会社がメガソーラー(大規模太陽光発電所)の建設を加速させ、同州が太陽光発電の導入量でカリフォルニア州を抜く勢いにある状況を取り上げた。今回もフロリダ州でのメガソーラープロジェクトを取り上げる。

 米電力大手フロリダ・パワー・アンド・ライト(Florida Power & Light 、以下FP&L )は6月22日、フロリダ州マネティー郡において、世界最大規模の電力貯蔵システム(Battery Energy Storage System )を収納するコンテナの設置が初めて行われたと発表した。この電力貯蔵システムは、太陽光発電に併設される。

 「マネティー・ソーラー・エネルギー・センター」と呼ばれる電力貯蔵システムは、最大出力409MW、総容量900MWhに達する巨大な電力を貯められ、これは、約32万9000世帯に2時間以上を供給するのに十分な電力量に相当する。この貯蔵システムは、同電力会社が同じマネティー郡に設置済みの出力74.5MWのメガソーラーの電力を充放電する(図1)。

図1●世界最大規模の電力貯蔵システムが併設されるFPLのメガソーラー
図1●世界最大規模の電力貯蔵システムが併設されるFPLのメガソーラー
(出所:Florida Power & Light)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング