特集

米国メガソーラーランキング・2020~2021年版

2021年のメガソーラー新規稼働は前年比1.6倍に拡大

2021/08/24 05:00
Junko Movellan=ジャーナリスト
印刷用ページ

2020年に10GWを超える

 米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)によると、今年5月末時点で、米国内で稼働している発電事業用のメガソーラー(大規模太陽光発電所)の総出力は累積で50GWを超えている。ちなみに、ここでEIAの発電事業用発電所の定義は、連系出力・交流ベース(AC)で最低1MWの発電設備となっている。

 2020年の1年間で新規稼働したメガソーラーの数は564サイトに達し、連系出力ベースで合計10.4GWと10GWを超えた。そのうち、連系出力が100MWを超える案件だけでも28サイトとなった(図1)。

図1●2020年に稼働したメガソーラー(連系出力150 MW以上)
図1●2020年に稼働したメガソーラー(連系出力150 MW以上)
(出所:EIAのデータをもとに筆者作成)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング