特集

メガソーラーの設置費用、追尾式でも「ワット1ドル」

追尾式の設備利用率は、固定式より5ポイント増に

2021/10/18 22:00
Junko Movellan=ジャーナリスト
印刷用ページ

発電事業用は65%増で過去最高

 米国における発電事業用太陽光市場に関する最新の分析レポートを米ローレンス・バークレー国立研究所(Lawrence Berkeley National Laboratory:LBNL)が発表した。

 米国太陽エネルギー産業協会(SEIA)とコンサルティング会社である英ウッドマッケンジー社によると、米国の2020年における発電事業用太陽光発電の年間導入量は14GW-DC(直流・太陽光パネルベース)で、これは全太陽光発電導入容量の73%に相当する。2020年における発電事業用の導入量は過去最大で、前年比で65%の拡大を示した。

 LBNLのデータ分析は、「発電事業用太陽光発電」における、5MW-AC(交流・連系出力ベース)以上の地上設置型に焦点を絞っており、その定義をもとにすると、2020年に総設置容量は12.8GW-DC(9.6GW-AC)の大規模地上設置型プロジェクトが稼働した。この導入量は前年比2倍(110%)の成長となる。レポートの筆者であるマーク・ボリンガー氏によると、この導入量は「記録的」という。2020年末の地上設置型メガソーラー(大規模太陽光発電所)の累積設置容量は38.7GW-ACを超えたという。

  • 記事ランキング