現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線

地域新電力8社、共同で500MWのエネルギー貯蔵を設置へ

「長周期」需給変動に対応、再エネ大量導入とレジリエンス強化

2020/10/26 05:00
Junko Movellan=ジャーナリスト

「長周期」対応の重要性が増す

 米国では今年8月に起こった大規模な山火事、猛暑などで大停電が起こり、カリフォルニア州の電力システム(グリッド=電力系統)の信頼性とレジリエンスがまた大きく見直しされている。太陽光発電を含む再生可能エネルギーの導入量では他州を引き離してダントツのカリフォルニア州だが、再エネを効率良くグリッドに統合しつつ、信頼性を高め、災害などに対するレジリエンスを強化するには、電力を長期間、放電できる「長周期」エネルギー貯蔵調達が必要になってくる。

 カリフォルニア州では、大手電力会社だけではなく、地方自治体による地域新電力も長周期エネルギー貯蔵の調達へ乗り出した。

 今月(10月)カリフォルニア州の8つの米国コミュニティ・チョイス・アグリゲーション(CCA)が共同で出力500MWもの長周期エネルギー貯蔵の提案依頼書(RFP)の公募を出した(図1)。

図1●8つのCCA共同での長周期エネルギー貯蔵のRFP(出所:Silicon Valley Clean Energy)
クリックすると拡大した画像が開きます

 ちなみに、CCAは日本の地域新電力に似ていて、市や郡などの地方自治体が設立し、自ら発電所を開発、または発電事業者から電力調達し、 既存の大手電力会社が所有する送配電網を利用し需要家に電力を供給する 電気小売り事業を展開している。カリフォルニア州では、電力小売りが全面自由化しておらず、3つの大手電力会社が電力の送配電と供給を地域独占しているが、2002年に成立し法律で、地方自治体がCCAを設立することにより、地域の需要家に電力供給先の選べるようになった。特にCCAは、既存の大手電力会社との差別化として、再エネの比率がより高いプランを提供し、その再エネも「地産地消」型で調達している。

加州CCA、すでに3.6GWの再エネ調達

 2010年に同州で最初のCCAが事業を開始して以来、その数は徐々に増え、現時点 で、23の自治体が電力の供給・販売を1000万人以上の顧客に提供している。

 カリフォルニア州でCCAの設立・運営の支援とCCAを促進する法律・規制改善に取り組むカリフォルニアCCA協会(CALCCA)によると、今年9月末で、カリフォルニア州のCCAは、新規の再エネ発電の調達量が出力3.6GWを超えたという。うち2369 MWは新設太陽光発電、978 MWは新設風力、14MWの新設地熱、12MWは新設バイオガス、そして出力240MW(容量788MWh)は新設エネルギー貯蔵施設となっている。しかし、今まで調達したエネルギー貯蔵は放電時間4時間未満の「短周期」となっている。

最低8時間、放電できる仕様

 今回の公募でCCAは、最低8時間放電可能で、2026年までに稼働開始ができるエネルギー貯蔵テクノロジーの最低10年間に及ぶ契約を探している。

 カリフォルニア北部と中央部で電気小売事業を営む、セントラルコースト・コミュニティーエネルギー、クリーンパワーSF、マリン・クリーンエネルギー 、ペニンシュラ・クリーンエネルギー 、レッドウッドコースト・エネルギーオーソリティー、サンホセ・クリーンエネルギー 、シリコンバレー・クリーンエネルギー とソノマ・クリーンパワーの計8つのCCAによる公募で、これらのCCAは現在約300万人の住宅と企業の電力需要家にクリーンエネルギーを提供している(図2)(図3)。

図2●カリフォルニア州のCCA(名前の左横に星印があるのが今回RFPを出したCCA)(出所:CALCCA)
クリックすると拡大した画像が開きます
図3●8つのCCAの現状(出所:Silicon Valley Clean Energy)
クリックすると拡大した画像が開きます

17もの異なった蓄エネ技術

 ちなみに、このグループは今年初めに、「長周期エネルギー貯蔵の情報提供(RFI)」を出し、長周期エネルギー貯蔵のテクノロジーの情報を収集した。その時は17の異なったテクノロジーからなる58を超える情報が提供され、ベンダーがこのテクノロジーに対して強い関心があることがわかった(図4)。

図4●どのようなエネルギー貯蔵テクノロジーが選ばれるか?(出所:CPCU)
クリックすると拡大した画像が開きます

 長周期エネルギー貯蔵は、太陽光発電を含む再エネがグリッド上に集中的に導入された場合に対応してレジリエンスを提供するとし、特に、長周期エネルギー貯蔵は、再エネの出力がピークの時に充電し、のち再エネの出力が低い時に8〜16時間放電できる。これは、現在のエネルギー貯蔵に比べより長い時間、放電が可能である。

 このグループは、長周期エネルギー貯蔵をCCAの電源ポートフォリオに加えることにより、さらなる再エネの統合を可能にし、カリフォルニア州の掲げる2030年に向けた温室効果ガス削減目標に近づけるとしている。さらに、長周期エネルギー貯蔵は、化石燃料による火力発電からクリーンエネルギーに転換するための重要な解決法の1つと見ている。

 シリコンバレー・クリーンエネルギー で最高経営責任者(CEO)を務めるガリシュ・バラカンドラン氏は、「(8つのCCAが)共に働くことにより、我々は1つのCCAでは成し得ない大規模なプロジェクトを実現できる。さらに、長周期エネルギー貯蔵プロジェクトをコラボレーションすることにより、コスト効率的でイノベーティブな資源でポートフォリオを多様化しながら、我々の財務、そしてテクノロジーのリスクマネジメントができる」と語った。

 ちなみに、RFPの締め切りは今年12月1日となっている。