特集

太陽光パネルのコスト、数年ぶりに上昇、案件開発に遅れも

サプライチェーン問題に原料価格上昇が追い打ち

2021/11/11 05:00
Junko Movellan=ジャーナリスト
印刷用ページ

太陽光開発プロジェクトにも影響

 米国を含め、世界でサプライチェーンの混乱が深刻化している。半導体、家電、家具、そしてクリスマス商戦を狙う玩具などが消費者の手に届くには、数カ月ではなく、半年、または一年先という事態になっている。

 太陽光パネルも例外ではない(図1)。

図1●貨物輸送の遅れなどサプライチェーン上の問題が深刻化する米国
図1●貨物輸送の遅れなどサプライチェーン上の問題が深刻化する米国
(出所:Port of Los Angles)
クリックすると拡大した画像が開きます

 ノルウェーに本社を構え、コンサルティングとリーサーチサービスを提供するリスタッドエナジー(Rystad Energy)によると、太陽光の生産原材料と輸送コストの高騰は、来年に建設を計画しているプロジェクトの開発進行を脅かす可能性があるとしている。

  • 記事ランキング