特集

中国企業の太陽光パネル・米工場、わずか3年で破綻

日本メーカー3社はすでに撤退、厳しい米での生産事業

2021/12/06 05:00
Junko Movellan=ジャーナリスト
印刷用ページ

米市場の開拓を狙う

 2021年12月1日、米国カリフォルニア州サクラメントで太陽光パネル組立工場の生産設備がオークションに出された。この太陽光パネル組立工場を運営していたのは、サンナジーカリフォルニア(Sunergy California LLC)で、中国南京を拠点とする中電電気太陽光発電会社(CSUN)の子会社である(図1)。

図1●カリフォルニア州でオークションに出された太陽光パネル組立工場
図1●カリフォルニア州でオークションに出された太陽光パネル組立工場
(出所:Rabin)
クリックすると拡大した画像が開きます

 米国は太陽光発電設備の市場規模で世界2位に位置する。中国CSUNは、この巨大市場での売り上げを拡大するため、2014年、同社の多結晶太陽電池セル(発電素子)を使用した太陽光パネル(太陽電池モジュール)の米国での生産を決断した。サクラメントにある物件と賃貸借契約を締結し、製造設備を設置した。入居したのは、マクレランビジネスパーク内にある14万平方フィートの建屋だ。

  • 記事ランキング