特集

加州、2045年に50GWの「長周期エネルギー貯蔵」

太陽光拡大で、日没後の電力需要を支える役割を期待

2021/12/23 17:00
Junko Movellan=ジャーナリスト
印刷用ページ

四半期だけで「1GW」

 米国エネルギー貯蔵協会(ESA)とウッズマッケンジーによる最新の米国エネルギー貯蔵市場レポートによると、2021年第3四半期(7~9月) に商業運転を開始したエネルギー貯蔵施設の設置容量は、前年同期比2.4増の1141MW(1.141GW)に達し、四半期の導入容量で、過去最高となった。

 ウッズマッケンジーは、再生可能エネルギーを含む天然資源産業のリサーチ・コンサルティングサービスを提供する英ヴァリスクビジネスの子会社である。

 1.141GWのうち、実に約1GWは、発電事業用の大規模エネルギー貯蔵施設で、そのほとんどはカリフォルニア州に導入された。同州は、太陽光発電だけでなく、エネルギー貯蔵設備の導入量でも米国1位になっている。

 カリフォルニア州の独立系統運用機関・CAISO(California Independent System Operator)の最新のデータによると、今年末までに累計で約4GWの発電事業用大規模エネルギー貯蔵施設がCAISO運営の送電網に系統連系されるという。そのうち1GWは、太陽光発電など他の発電施設とのハイブリッド(併設)となり、残りの3GWはスタンドアローンと呼ばれるエネルギー貯蔵施設の単独設置となっている(図1)。

図1●2021年・月別・加州でのエネルギー貯蔵の累積導入量(MW)
図1●2021年・月別・加州でのエネルギー貯蔵の累積導入量(MW)
(注:青色=ハイブリッド、赤色=スタンドアローン、出所:Strategen Consulting)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング