特集

発光でカラスに対抗、「包括委託」の草刈りが奏功、岡山の山あいの太陽光

牛舎に集まるカラスが26枚のパネルを割る

2019/06/21 05:00
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 岡山県久米郡美咲町の山あいに、太陽光パネルの出力が約2.37MW、連系出力が1.98MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「PVNext EBH 美咲町発電所」がある(図1)。

図1●中央の区画の上側に見える白い屋根が牛舎
(出所:エンバイオ・ホールディングス)
クリックすると拡大した画像が開きます

 事業主体は、特定目的会社(SPC)のヴェガ・ソーラー合同会社で、エンバイオ・ホールディングスが全株を所有している。

 ネクストエナジー・アンド・リソース(長野県駒ケ根市)と共同で開発し、同社もSPCに出資していた。固定価格買取制度(FIT)による売電単価は40円/kWh(税抜き)で、2015年9月に売電を開始した後、2018年3月に、エンバイオがネクストエナジーの持ち分を買い取った。

 その後、2019年に入り、敷地内の空き地に、太陽光パネル出力が97kW、PCS出力が49.5kWの低圧配電線に連系する発電所も設置した(図2)。この低圧太陽光発電所の売電単価は18円/kWhとなっている。

図2●売電単価が18円/kWhでも、事業が十分に成立する場所はあるという
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 このメガソーラーでは、売電を開始してから、太陽光パネルのカバーガラスが度々割れることに悩まされてきた。これまでに累計で26枚の太陽光パネルが割れ、交換してきた。

 太陽光パネルのカバーガラスが頻繁に割れる原因は、はっきりしていた。カラスが石をくわえて飛来し、太陽光パネル上空から石を落とすことだった。

システムメンテナンスのお知らせ
  • 記事ランキング